戸建シリーズTOKYO BIG HOUSE

リビングが主役の、大きな住まい

TOKYO BIG HOUSEが手がける戸建住宅の特長は、何よりも、リビングが主役であるところにあります。家族が集い、だんらんを楽しむスペースを可能な限り広く、明るく、風通しよくすることで、機能性はもちろん、快適性と開放感を最大限に確保。屋根裏を吹き抜けにしたり、リビングとウッドデッキに連続性を持たせたり、廊下を排するなど、実際の面積以上に広がりを感じていただける工夫が随所に光ります。

オープンシーリングOpen Ceiling

屋根の勾配を生かした吹き抜けにすれば、通常と比べて約2倍の天井高が実現。2階にリビングを配置した場合も、開放感を最大限に引き出すことが可能です。

リビングテラスLiving Terrace

室内、室外という概念さえ忘れてしまうような、リビングとひと続きの一体感を持ったウッドデッキ。通りからの視線を遮るように木製のフェンスを設けることで、オープンスペースを楽しみながらプライバシーも確保します。

サザンバスルームSouthern Bathroom

南面のテラスに面してバスルームをレイアウトすることで、かつてない明るさに包まれた、気持ちのよい空間に。窓を開けても目隠しがあるので大丈夫。露天風呂のような気分が味わえます。

スケルトンステップスSkeleton Steps

スケルトンスタイルの階段は、リビングをさらに広く感じさせる視覚効果があるほか、風通しの良さにも貢献。リビングとダイニングのつながりも創出します。

スケルトンステップス

TOKYO BIG HOUSE
鎌ヶ谷(全4棟)

全4棟には共通で、広々としたLDKを確保。大空間を生み出す吹き抜け、プライベートカフェとして使える「リビングテラス」、縁なしの畳を敷き詰めた「和の間」を設置。限られたスペースを有効活用することで、光と風を感じる住まいが完成しました。モノトーンと木の素材感を大切にしたモダンな外観も、これまでの郊外の生活イメージを一新します。

TOKYO BIG HOUSE
北松戸(全4棟)

端正な黒と温かみのある木の風合いが調和した、モダンな外観の全4棟。全戸、3m90cmの天井高を誇るリビングを2階に配した、ファミリー向けのロフト付き4LDKです。「リビングテラス」には、木製の目隠し壁を設置。圧倒的な開放感とプライバシーの確保を両立しています。白を基調とした室内空間には、要所に木目調の部材を使用。採光窓を多く取り付け、明るさに満たされた暮らしを実現しています。